日記

2024-01-06 00:00:00

【生まれ年別】令和6年1月の運気

臥龍堂。春水(しゅんすい)です。

本日、小寒から1月度のスタートです。

(期間:1月6日~2月3日)

東洋占術の世界では令和5年度の最終月です。

今月の運気を参考にしてお過ごしくださいね。

【生まれ年別運気】

★一白水星

 (S2・11・20・29・38・47・56・H2・11年生れの方)

良いことも悪いこともスポットライトが当たる月。

空回りすることも多く精神的には不安定に。

余裕を持った行動を心がけましょう。

★二黒土星

 (S1・10・19・28・37・46・55・H1・10年生れの方)

運気低迷の月。

気持ちも落ち込みやすくネガティブな感情に振り回されそう。

SNSとは距離を置いて、一人の時間を楽しみましょう。

★三碧木星

 (T14・S9・18・27・36・45・54・63・H9年生れの方)

身の回りにある小さなラッキーを探してみましょう。

うっかりミスが多くなるので

ダブルチェックを忘れないこと。

★四緑木星

 (T13・S8・17・26・35・44・53・62・H8年生れの方)

小さなことは気にせず

やりたいことを思いっきり楽しみましょう。

今月の頑張りが数ヶ月後の成果に繋がります。

★五黄土星

 (T12・S7・16・25・34・43・52・61・H7年生まれの方)

周囲からの邪魔が入るなど

何かと嫌なことが多い月。

新しいことよりも今まで通りのことを継続した方が◎

詐欺に注意。

★六白金星

 (S6・15・24・33・42・51・60・H6・15年生まれの方)

運気は二極化。

好調な人は「足るを知ること」

欲を出しすぎると足元を掬われることに。

アピール力のある月。


★七赤金星

 (S5・14・23・32・41・50・59・H5・14年生まれの方)

運気は徐々に下降気味に。

無理は禁物。予期せぬトラブルにも注意。

余計なことは喋らずやるべきことを淡々とこなしましょう。

★八白土星

 (S4・13・22・31・40・49・58・H4・13年生まれの方)

お正月気分から抜け出せずのんびり気味に。

目上の人との関係が良好。

積極的にコミュニケーションをとりましょう。

★九紫火星

 (S3・12・21・30・39・48・57・H3・12年生まれの方)

周囲の状況に変化がありそう。

思い切った改革よりも小さなマイナーチェンジが効果的。

会食も多く楽しいひと時が過ごせます。

2023-12-28 18:00:00

運気の波

臥龍堂。春水(しゅんすい)です。

 

 

 

 

運気というのは

波のように良い時と悪い時が
繰り返してやってきます。

 


どんな人でも運気が良いときもあれば
悪いときがあるのが普通です。

 


運の良い人は運の良い時(良くなるタイミング)を
選んで行動を起こしますが

 


運の悪い人は運気が落ちている時に
「今のままじゃ良くない気がする!」と
焦って行動を起こしてしまう傾向があります。

 

 

運気の悪い時はいつまでも続きません。

 

だからこそ、運気の悪い時には
じっと耐えて、次にやってくる流れを待たないといけないのです。

 


サーフィンと一緒ですよね。
(やったことないですけど)

 


良い波をひたすら待つ。

 


待っている間(運気が下がっている時期)は
ボーッと過ごすのではなく
情報収集や今後の夢を思い描き
それを叶えるための実力をつけておく大切な時期でもあります。

 


何もせずボーッと過ごして
運気が上がるからと行動を起こしたところで
実力以上の力が発揮されることはありませんからね。

 

 

来年以降の運気が気になる方は
お問い合わせくださいね。

 

 

 

2023-12-14 17:46:00

年忌供養を怠ると

臥龍堂。春水(しゅんすい)です。

 

 

 

年忌供養とはいわゆる法要(法事)のことで

 

 

一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・

二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・

四十三回忌・四十七回忌・五十回忌

 

これらを全て行って初めて完成(弔い上げ)となります。

 

 

一回でも飛ばすと

 

「年忌をやっていない(年忌を怠る)」

 

ということになります。

 

 

 

年忌の年には、亡くなった人の思いが強くなるため

法要を行い故人を偲び弔うことで

思いを抑える(救う)意味があるのですが

 

 

最近は、生きている人の都合で

やらなかったり、

前後の年にずらしたて行ったりする

ご家庭が多いようです。

 

 

 

年忌を怠る(あるいは年忌の年に行わない)と

どのような現象が起きるかというと

 

 

多くの場合は

2年以内に年忌現象という形で現れてきます。

 

 

一番多いのは

 

がん、もしくは頭部の病気

 

さらに天中殺に重なった場合には

 

命に関わる

 

とも言われています。

 

 

ご相談の中でも

当てはまっている人は多いです。

 

 

先祖は年忌で救ってもらえると信じています。

そして先祖を救えるのは

生きている人間(子孫)だけです。

 

 

すでに亡くなっている先祖は

その思いを言葉で伝えることができないため

 

現象を起こして訴えるしか

伝える手段がありません。

 

 

子孫がそのことに気づき

処置をしてあげないと

家系に特有の病気が

何代にもわたって続くことになり

 

 

このような家を

 

「がん家系」

 

と言います。

 

 

「いつ現れるのか」

「どんな現象になるのか」は

 

先祖次第です。

 

 

 

私どもの経験から観ると

 

がんは序の口で

 

末期になると

(先祖が我慢しきれなくなると)

 

 

 

いじめや不登校など

 

子どもが社会に参加できない状況になる

 

後継者(子ども)が生まれない

 

といったことが起きるようです。

 

 

 

今までやってこなかった

(あるいは飛ばし飛ばしやっている)けれど

 

「今年(次回)からちゃんとやります」

 

という都合の良い言い訳は通じません。

 

 

見えない世界には情状酌量はないため

それなりの処置をする必要があるんですよね。

 

 

 

心あたりのある方はお問い合わせくださいね。

 

 

 

2023-12-07 00:00:00

【生まれ年別】令和5年12月の運気

臥龍堂。春水(しゅんすい)です。

 

 

 

本日、大雪から12月度のスタートです。

(期間:12月7日~1月5日)

 

今月の運気を参考にしてお過ごしくださいね。

 

 

【生まれ年別運気】

 

★一白水星

 (S2・11・20・29・38・47・56・H2・11年生れの方)

 

気持ちにゆとりも出るので

仲間や家族と楽しく過ごせます。

クリスマスコンサートやイルミネーションなど

アートの世界に触れる時間を持ちましょう。

 

 

★二黒土星

 (S1・10・19・28・37・46・55・H1・10年生れの方)

 

目にみえるトラブルはありませんが

精神的には落ち着きません。

イライラして八つ当たりをすることも

人との争いは運気を下げるので気をつけて。

 

 

★三碧木星

 (T14・S9・18・27・36・45・54・63・H9年生れの方)

 

運気が低迷し、何をやってもうまくいきません。

体調を崩すこともあります。

温かいお風呂にゆっくりと浸かり

リフレッシュしましょう。

 

 

★四緑木星

 (T13・S8・17・26・35・44・53・62・H8年生れの方)

 

先月までのモヤモヤが嘘のように

前向きな気持ちで頑張れそう。

後輩や部下など目下の人との

コミュニケーションを大切にしましょう。

 

 

★五黄土星

 (T12・S7・16・25・34・43・52・61・H7年生まれの方)

 

派手さはないけれど

地道にコツコツと努力してきたことが

認められてきます。

自分が前に出るよりも裏方で支える方が◎

 

 

★六白金星

 (S6・15・24・33・42・51・60・H6・15年生まれの方)

 

年末年始の忙しさでイライラしやすく

ミスも多くなります。

不意なトラブルも予想されるため

余裕を持った行動を心がけましょう。

 


★七赤金星

 (S5・14・23・32・41・50・59・H5・14年生まれの方)

 

運勢は二極化して現れます。

優柔不断になりやすくあれこれ迷っているうちに

チャンスを逃しかねません。

新しい交友関係は大切にしましょう。

 

 

★八白土星

 (S4・13・22・31・40・49・58・H4・13年生まれの方)

 

自分勝手な考えになりやすく

周囲からの反感を買うことも。

謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

無駄遣いにも要注意。

 

 

★九紫火星

 (S3・12・21・30・39・48・57・H3・12年生まれの方)

 

お金にまつわるトラブルに要注意。

儲け話など投機的なものには手を出さないこと。

親や上司など目上の人への対応を

しくじりやすいため気をつけましょう。

 

 

2023-11-16 19:30:00

起きることは起きる。

臥龍堂。春水(しゅんすい)です。

 

 

 

占いというのは危機回避術です。
鑑定の際に危険と感じるものは
できる限りお伝えするようにしています。

 


行動学は行動を起こした時から計算すれば
現象が起きる時期を特定することはできますが

 

 

行動学以外のものは

「○年以内には起きるはずです」

というような表現になってしまいます。

 

 

特に家相の場合

現象として現れるのが15年〜20年後ですから

言われた方も忘れてしまっている
(気にしていない)
ことも多いと思います。

 


家相以外のことについては
10年以内に起きることが多いものですが

 

 

結婚の際にお伝えした離婚が
20年後になることもあります。

 

 

言われたことが

 

「まだ起きていない」場合には

 

注意が必要です。

 

 

現象が起きるはずのものが
何かしらの原因で遅れているだけで

 

「起きない」状態になったということではありません。

 


起きる時期が延びているだけです。

 

そうなると起きる現象は予想よりも大きくなってしまう
(=大事になってしまう)

ということです。

 


現象に対してのエネルギーが
1年毎に蓄積されているということになりますから

 

1年延びれば、延びた分だけエネルギーも大きくなっているのです。

 

 

 

以前、師匠のところで勉強をしていた女性は

 

明らかに運気の悪い相手とわかっていたのに
結婚をしたため

 

 

師匠が「5年以内には離婚をするよ」と伝えたところ

激怒されたたそうです。

 

 

その女性は5年後に

やっと子供を授かり
出産したところ

 

生まれたお子さんは遺伝子異常で
重度の自閉症だったそうです。

 

 

その結果、相手の家から離婚を言い渡され

 

師匠のところに
「この子を何とかしてください」と
泣きついてこられたそうです。

 


師匠は
「脳細胞を変えることなんてできませんよ」と
言ったところまた激怒されたのだそうです。


師匠、いつも俺は怒られてばかりだと言われてます。笑

 

 

占いは魔法ではありません。

 

原因を作ってしまった以上
結果を回避できないものもありますが
いくつかのものは回避できることもありますので

回避できるものは回避していただきたいですし

 


どうせなら

結果が良くなる
原因を作っていただきたい

と思います。

 

1 2 3 4 5